読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までの騎空士としての過程①

はい眠いです


今回は僕の現在に至るまでの騎空士としての過程を語っていこうかなと


そうですね。まずなんですが僕がグラブル始めた理由は会社の先輩に誘われたから


僕ソシャゲってまっーーーーーーたくハマる事なんてないんですよね


それなのにグラブルはあと1ヶ月で2年になりますね


自分でもどうしてここまで続いてるのかわかりません


おそらく人付き合いが大きいでしょうね


さて、まず騎空団結成した所から話しましょうか


最初会社内の自分含め身内4人でグラブル始めたんですがそのうちの1人(直属の先輩)が騎空団を立ち上げました


もちろん団長はその人です


そりゃ最初は人もすぐには集まらず暫くは4人でやってました


そもそも最初はよくいるまったりではなくて"ガチのまったり"を念頭に立ててたんで僕的にはゆっくり無課金で進められると軽い気持ちで遊んでました


まあでも全員がそうは思ってなかった、というか思ってられなくなったんでしょうね


別の先輩が早く人埋めようぜ的なことを言い始めました


その時は僕も外部ツール使ってなかったのでゲーム内でスカウトするしかなかったんですよね


古戦場も何戦かは圏外が続きめちゃくちゃやったという時があっても本戦には行けませんでした


それに嫌気がさしたのか立ち上げた先輩が僕に団長やってと言ってきました


僕もその人が辛そうにしてたの知ってたのでまあ断れないですよね


その時点で団員数は18とかだったかな?

会社内でやってる人も7人に増えてました


団長任された身としてまず団員を埋めなきゃ話にならないと思い片っ端からスカウト飛ばしました


その時の団の平均ランクが80とかかな?


なので80以上の人を必死に集めてました


そしてなんとか埋まり30人になり見事次の古戦場初の予選突破までしました


あっちなみに今現状のグラブルと比べるとめちゃくちゃ装備集めにくいしゲーム自体の平均ランク、戦力ともに低かったです。



本戦も3勝という初参戦でまずまずな戦績を残しました


そこまではみんな満足して楽しかったと思います


そこまではね…


第1部分完